五反田の眼科 | ケイシン五反田アイクリニック

五反田の眼科 | ケイシン五反田アイクリニック | 緑内障-ドライアイ-小児眼科

診療案内

診療時間

診療時間

◯木曜日の午後は、専門眼鏡士による眼鏡処方が可能です。(予約制)

  • ※受付は診察終了[30分前]までです。
  • ※コンタクトレンズが初めての方へ
    装用練習が必要な方は受付時間終了の1時間前までにご来院お願いいたします。
  • ※10:30~11:00は、エレベーターをご利用ください。
  • ※五反田東急スクエアの休館日は休診いたします。
  • ※木曜日午後の眼科処方は予約制です。

診察医師予定表

診療時間 日・祝
午前 内野(美) 内野(美) 内野(美) 内野(美) 内野 内野
午後 内野(裕) 内野(美) 内野(美) 内野 内野
診療時間 午前 午後
内野(美) 内野(裕)
内野(美) 内野(美)
内野(美) 内野(美)
内野(美) 内野
内野 内野
日・祝 内野

当院の専門分野について

ドライアイ・アレルギー/角膜疾患

ドライアイ・アレルギー/角膜疾患

涙の分泌量の減少や、涙の質の低下により、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。

現在、日本では約2,000万人ものドライアイの方がいるといわれています。目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じます。

近年ではパソコンやスマートフォンの普及に伴い、患者様も増加傾向にあります。

当院ではドライアイ専門医師がしっかり検査・診断し、あなたのドライアイの病態にあった治療法を丁寧にご提案いたします。

その他、円錐角膜、感染性角膜潰瘍、水疱性角膜症などの角膜疾患についても、専門医師が診療いたします。安心してお気軽にご相談ください。

ドライアイ・アレルギー 詳しくはこちら

角膜疾患 詳しくはこちら

アレルギー検査 詳しくはこちら

緑内障

緑内障

緑内障(りょくないしょう) 緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。近年、大規模な疫学調査が行われ、40歳以上の日本人の6%近くが緑内障に罹患していることがわかりました。早期発見、早期治療が大切な疾患ですので、不安のある方はお早めにご相談ください。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

白内障

白内障

目の中の水晶体、カメラでいうとレンズの役割をする部分が加齢とともにだんだん濁ってくるため光を遮ってしまい、ものがぼんやり曇りガラスのように見えにくくなり視力が低下する病気です。生まれつき水晶体が濁っている先天性白内障、加齢による老人性白内障(50歳以上の人に多い)、目の怪我によって発症する外傷性白内障、ステロイド剤などを長く服用した場合に起こる白内障、糖尿病でおこる糖尿病性白内障などがあります。患者様の症状の進行具合や生活スタイルなども考慮の上、最善の治療方法についてご提案させていただきます。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

小児眼科

小児眼科

お子様の近視抑制治療、斜視・弱視治療なども対応しています。学校健診で眼科の受診を勧められた場合は、お気軽にご相談ください。子どもは視覚などの異常を自覚できなかったり、自覚していても症状を伝えられなかったりするため、発見が遅れることがあります。お子様のしぐさや動作や目の外観から気になるサインがありましたら小児眼科を受診しましょう。 当院では、視能訓練士も常駐しております。安心してご来院ください。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

糖尿病性網膜症・黄斑変性/網膜疾患

糖尿病性網膜症・黄斑変性/網膜疾患

網膜とは、カメラで言うフィルムの役割をしている部分です。網膜に異常が起きてしまうと視力や視野などに大きな影響を及ぼします。網膜は目で物を見るために非常に重要な役割を果たしています。 網膜の病気には、糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症・加齢性黄斑変性症・網膜裂孔など、多くの種類がありますが、失明に至る病気もありますので、見え方に異常がある場合は早めの治療が不可欠です。

斜視・弱視

斜視・弱視

視力の発達する期間(生後~6歳ぐらい)に、強い屈折異常などがあると、 視力が悪い状態のまま発達が止まってしまいます。これを弱視といいます。
目を細める、片方の目の視線がずれている(斜視)など、見てわかる症状もありますが、症状が何もない場合も多く見られます。

調節緊張・近視抑制

調節緊張・近視抑制

お子様の近視(仮性近視・調節緊張)の進行を予防したり、抑制するための診療を行っています。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

眼科ドック

眼科ドック

当院では複数の眼科ドックコースをご用意しています。自覚症状が現れにくい病気も早期発見することが可能です。特に緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などは、一度視機能が落ちてしまうと、治療を行っても回復が困難で、早期発見、早期治療が重要です。眼科ドックではその他、白内障やドライアイなどの疾患も早期に発見することが可能です。40歳を過ぎたあたりから、疾患の発症率が高くなる傾向にあります。年に一度の定期検査を受けることをお勧めします。

このような方におすすめします。

  1. 40歳を過ぎたので一度目の検査をしたい。
  2. テレビ番組や雑誌で緑内障・加齢黄斑変性症の話を知り。自分も気になる。
  3. どれくらい見えているか知りたい。

眼科ドックは事前予約制です。

  • コンタクトレンズをご使用の場合には、コンタクトレンズをはずして検査を行います。
    眼鏡または交換用コンタクトレンズ、保存ケースをお持ちください。
ドックA ドックB ドックC ドックD
屈折
視力
調節
眼圧
無散瞳眼底カメラ -
OCT(光干渉断層計) - -
診察(細隙灯顕微鏡)
診察(散瞳眼底検査) - - -
費用(税抜) 3,000円 4,000円 7,000円 8,000円
所要時間 約30分 約40分 約60分 約90分
コースの
ご案内
A B C D
屈折
視力
調節
眼圧
無散瞳
眼底カメラ
-
OCT(光干渉断層計) - -
診察(細隙灯顕微鏡)
診察(散瞳眼底検査) - - -
費用(税抜) 3,000円 4,000円 7,000円 8,000円
所要時間 約30分 約40分 約60分 約90分
  • 緑内障、加齢黄斑変性症についてはドックCまたはドックDをおすすめします。
    オプションとして下記の金額で追加できます。
オプション検査(税抜)
静的動的視野検査 ※ドックC、Dを選択された方のみ 4,000円
色覚検査 500円
角膜密度、角膜厚検査 2,000円
オプション検査(税抜)
静的動的視野検査
※ドックC、Dを選択された方のみ
4,000円
色覚検査 500円
角膜密度、角膜厚検査 2,000円
  • 眼科ドックの内容、費用につきましては予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。

眼瞼けいれん

眼瞼けいれん

自分の意思に関係なく、両目まわりの筋肉がけいれんする病気です。

何らかの原因で神経が障害され、脳から正しい指令が伝わらず、目のまわりの筋肉がけいれんを起こす病気を「眼瞼けいれん」といいます。 「眼瞼けいれん」ではまばたきがうまくできず、まぶたを閉じている方が楽になります。 自覚症状はドライアイと似ていますので、ドライアイの治療で効果がなければ、この病気も疑いましょう。 眼瞼けいれんの症状の進行はゆっくりしていますが、そのまま放っておいて自然に治る病気ではありません。症状が進行すると、けいれんの回数が増し、まぶたが開かなくなったり、目が見えなくなることもあります。きになる症状がありましたら、お早めにご相談ください。

インフルエンザ予防接種(時期限定)

インフルエンザ予防接種(時期限定)

時期により、インフルエンザなどの各種予防接種も対応しております。 ホームページにて随時ご案内いたします。

その他、眼科疾患全般に
対応いたします。

上へ
下へ